FC2ブログ

プロフィール

・ichico・

Author:・ichico・
FC2ブログへようこそ!
掲載予定の作品はほぼ成人向けになります。
18歳未満の方は、ご遠慮ください。
このブログに掲載されているテキストの著作権は管理人・ichiko・が有しています。無断転載禁止デス。
コメントに感想など残していただけると嬉しいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

おすすめサイト

おすすめ商品!

管理人の一押し
「紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)」の詳細を見る
紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)
■紅椿シリーズ ■持ち手付首輪 ■ケースサイズ 170x60x170mm
チェーンの持ち手を付けた幅広の首輪です。
本革製で重量感があり、首輪だけでも雰囲気が盛り上がるこの商品に、手持ちを付けてさらに楽しみの幅を広げました。
ご主人様にあなたの絶対の服従をアピールすれば、いつも以上に本能的な時間を過ごせます。
価格:¥6,300¥2,835
管理人の一押し
「ヴァーリアベビードールセット」の詳細を見る
ヴァーリアベビードールセット
■サイズ B78〜88:W58〜70:H87〜95cm ■カラー ピンク/黒 ■セット内容 ベビードール・ショーツ(Tバック)
ふんわりとしたAライン風のランジェリー「ヴァーリアベビードールセット」。
淡い桜色を基調としたランジェリーで、小さめの黒レース素材のフリルを胸元と裾にあしらった、可愛らしく上品な一着です。
価格:¥3,465¥2,599

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

相互リンク

お小遣い稼ぎに♪

投票お願いします♪

質問 読んでみたい小説のジャンルは?
羞恥系SM
レズ
純愛
メール調教
女子校生
OL
メイドさん
ロリっ娘

コメント



- アクセス解析 -

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/12 20:46  友達遊戯11


(イッちゃったの……? イクって……こんなに……。)
意識はフワフワと浮遊しているのに、両手が拘束されているのも手
伝って、身体はぐったりとして重くベッドに沈んでいく。
朦朧とした意識の中、身体が自分の物でなくなるような感じがして、
美穂は少し怖くなった。
呼吸を整えようとしても、まだローターが動いているせいか、上手
く息ができないでいる。 絶頂に達したクリ○リスは、気持ち良さを通り越して、くすぐった
いような、むず痒いような感じがして、美穂は堪らずに止めてほし
いと声を上げた。
だが、愛理はおかまいなしに、ローターのスイッチを全開にしたま
ま、指で押え付けている。
「くすっ、何度もイカせてあげるね。それで、美穂ちゃんをエッチ
なことが大好きな淫乱マゾにしてあげる」
「いやぁ……もう、怖いよぉ……」

ずっと両手を拘束され、散々焦らされて絶頂を迎えた美穂の身体は、
もう拒む体力を失っていた。体操服は汗ばんで、下腹部には愛液の
大きなシミができている。ひんやりとしたそのシミの感触をお尻に
感じるたびに、惨めな気持ちが湧き上がってくる。
それでも、愛理に責められるとワレメからトロトロと愛液が溢れ出
してくるのだ。
性に疎いながらも、想像していたロマンチックなキスやセックスと
は程遠い行為なのに……。

「ひぃ!! ダメぇぇぇ……あうぅんっ!! また……イッっちゃうよ
ぉ~~!! あぁ……イ、イク、イク、イク~~~~!!」
あっけなく2度目の絶頂を迎え、恥辱に歪んだ美穂の顔を眺めなが
ら、愛理はさらにクリ○リスにローターを押し付けていく。
「あ~あ、ヤダって言ってたのに、すぐイッちゃったね……。本当
はいっぱいイキたいんだよね?」
美穂が首を横に振ると、愛理はさらに強くローターを押し付けてい
く。
「うあぁん!! あぁ……はぁん!!」
「イキたいんでしょ?」

答えはひとつしかなかった。
「んんっ……イキたいですぅ……!! 美穂は何度でもイキたがる
淫乱マゾなんです!! あぁ~~!! イクぅ~~~~!!」
卑猥な言葉を発するのと同時に、再び絶頂に達した。そして、身体
の力が抜け、ベッドに腰が沈んだ瞬間、愛液が溢れ出てくるのと違
う感覚を下腹部に感じた。
生暖かい液体のようなものが、太腿の付け根の辺りを伝っていくの
だ。

すっかり意識が朦朧としている美穂は、確かに違和感を感じていた
が、もうそれがどう違うのかも考えられないでいた。
愛理も一瞬、美穂のワレメに釘付けになったが、ローターとテープ
を剥がすと、にっこりと笑い美穂に違和感の正体を告げた。
「ふふ……本当に気持ちよかったんだ? 美穂ちゃん……お漏らし
してるぅ」
「え!?」
愛理の言葉で、頭を上げた時に力が入ったのか、チョロチョロと流
れ出ていたおしっこが大量の飛沫となってシーツに染み込んでいっ
た。

「あぁ……いやぁ!! 見ないでぇ……!!」
あまりの快感に失禁してしまったのだが、その現実を受け入れられ
ない美穂は涙声で訴えた。そして、今まで受けてきた中で、一番の
辱めだと感じていた。
本来なら誰に見せることもない排泄行為を、一番の親友に見られて
いるのだ。

「気持ちよくおしっこ漏らしちゃうんなんて……美穂ちゃんって、
ホントに可愛いなぁ。そうだ……せっかくだから記念に……」
愛理はカバンからケータイ電話を取り出すと、カメラ機能で美穂の
痴態を撮影し始めた。
だらしなく足を広げた虚ろな表情の親友の姿がカメラに収まってい
く。

「美穂ちゃんの初イキ記念だね~」
カシャ、カシャ――。
楽しそうにシャッターを切りながら、愛理は「これからは、もっと
……気持ちいいこと教えてあげるからね。あたし達、友達でしょ…
…」と、呟いた。
(愛理ちゃん……本当の友達だから、私にこんなことしたんだよね
……?)
初めて親友と呼べる存在だった愛理の異常な行為を、抵抗しながら
も受け入れてしまった美穂は、そう思い込むことで心のバランスを
保とうとしていた。
これからのふたりの関係が、対等な親友関係でなく、主とマゾ奴隷
に変わっていくことを心の奥で思いながら……。



Club-XXX



テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

<< つぶやき | HOME | 友達遊戯10 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。