FC2ブログ

プロフィール

・ichico・

Author:・ichico・
FC2ブログへようこそ!
掲載予定の作品はほぼ成人向けになります。
18歳未満の方は、ご遠慮ください。
このブログに掲載されているテキストの著作権は管理人・ichiko・が有しています。無断転載禁止デス。
コメントに感想など残していただけると嬉しいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

おすすめサイト

おすすめ商品!

管理人の一押し
「紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)」の詳細を見る
紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)
■紅椿シリーズ ■持ち手付首輪 ■ケースサイズ 170x60x170mm
チェーンの持ち手を付けた幅広の首輪です。
本革製で重量感があり、首輪だけでも雰囲気が盛り上がるこの商品に、手持ちを付けてさらに楽しみの幅を広げました。
ご主人様にあなたの絶対の服従をアピールすれば、いつも以上に本能的な時間を過ごせます。
価格:¥6,300¥2,835
管理人の一押し
「ヴァーリアベビードールセット」の詳細を見る
ヴァーリアベビードールセット
■サイズ B78〜88:W58〜70:H87〜95cm ■カラー ピンク/黒 ■セット内容 ベビードール・ショーツ(Tバック)
ふんわりとしたAライン風のランジェリー「ヴァーリアベビードールセット」。
淡い桜色を基調としたランジェリーで、小さめの黒レース素材のフリルを胸元と裾にあしらった、可愛らしく上品な一着です。
価格:¥3,465¥2,599

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

相互リンク

お小遣い稼ぎに♪

投票お願いします♪

質問 読んでみたい小説のジャンルは?
羞恥系SM
レズ
純愛
メール調教
女子校生
OL
メイドさん
ロリっ娘

コメント



- アクセス解析 -

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/23 11:12  友達遊戯9


(私の身体……なんだか変だよ……。痛いのに、舐めたれると頭の
中がフワフワして……。)
快感と痛みを交互に与えられ、美穂の思考はさらに混乱していた。
冷静に考えれば、親友と信じていた愛理に、ひどい仕打ちをされて
いるはずなのに、彼女を憎めないでいる。
むしろ、子どものように何の躊躇いもなく、快感をねだることが心
地よくなってきている自分がいた。

西日が傾きかけ、校庭から聞こえる運動部のかけ声もまばらになっ
てきている。
(そろそろ終わりにしないと、誰かに見つかっちゃうなぁ……。)
愛理は親友の快楽を支配する時間を惜しむように、再び美穂に口付
け、舌を艶かしく絡ませた。 「んっ……ちゅっ、うんっ……。もうそろそろ帰らないと、誰かに
見つかっちゃうから……」
美穂の唾液を美味しそうに啜りながら、愛理が呟く。それを聞いた
美穂は、安堵の表情を浮かべた。しかし、熱を帯びた感覚がずっと
下腹部にくすぶったままだった。
もちろん、義兄からマゾ性を開花させられた愛理にとって、この中
途半端な快感が、もどかしくて堪らない状態だということを一番よ
くわかっていた。

「大丈夫、ちゃ~んとイカさせてあげるからね……」
そう言うと、愛理は洗濯バサミを固く勃起した美穂の乳首に挟んだ。
「ひぐっ!? いだっ……痛っ!!!」
乳房の柔らかい部分に挟まれた時より、遙かに激しい痛みが美穂の
身体を駆け巡った。
悲鳴を上げているが、あまりの痛さに声がかすれて上手く言葉にな
っていない。

愛理が不安定に揺れている2つの洗濯バサミを指で軽く弾くと、美
穂は身体を仰け反らせながら、痛みを訴えた。
時折、洗濯バサミを外されるが、それも一瞬のこと。絶え間ない激
痛が乳首に刻み込まれていく。
「ひぃんっ!! は、外してぇ……!! 乳首……潰れちゃうぅ……!!」
声を振り絞って訴えるが、美穂が泣きじゃくり哀願する姿に、愛理
はまったく動じることはない。むしろ、彼女のワレメから大量の愛
液が溢れているのを指摘して、責め立てた。

「痛いって喚いてるくせに、オマ○コ……すごいよ。シーツにシミ
ができちゃってる。美穂ちゃんは、愛理より変態かもねぇ……」
愛理は美穂の両膝を盛り上げてM字に開くと、甘酸っぱい臭気が漂
ってくる、ワレメに舌を這わせた。
「んっ、ちゅっ……。ぴちゃっ、美穂ちゃんのお汁、美味しいよ…
…。舐めても舐めても、どんどん出てくる」
「ひゃん!! ダメぇ……そんな汚い場所、舐めないでぇ……」
「美穂ちゃんのオマンコ、汚くなんてないよ。ふふ、クリちゃんも、
吸っちゃおう♪」
ぷっくり膨れ上がった突起物に吸い付くと、チュウチュウとわざと
音を立てて吸い始めた。
「ふぁんっ!! そこ、感じちゃうぅ……!!」
「そこじゃ、わかんないよ。ちゃんと教えて」
言い淀む美穂のクリトリスをあま噛みするように、愛理は軽く歯を
立てて吸い、舌を転がしていく。
乳首の激痛を忘れるくらいの快感に、美穂は「クリがいいのぉ……!!
愛理ちゃんにチュウチュウ吸われたり……舐められると、オマ○コ
の奥からなんか来ちゃいそうなのぉ……」と甘い声で鳴いた。



アフィリエイト・SEO対策






Cutie82.com




テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

<< 友達遊戯10 | HOME | 友達遊戯8 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。