FC2ブログ

プロフィール

・ichico・

Author:・ichico・
FC2ブログへようこそ!
掲載予定の作品はほぼ成人向けになります。
18歳未満の方は、ご遠慮ください。
このブログに掲載されているテキストの著作権は管理人・ichiko・が有しています。無断転載禁止デス。
コメントに感想など残していただけると嬉しいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

おすすめサイト

おすすめ商品!

管理人の一押し
「紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)」の詳細を見る
紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)
■紅椿シリーズ ■持ち手付首輪 ■ケースサイズ 170x60x170mm
チェーンの持ち手を付けた幅広の首輪です。
本革製で重量感があり、首輪だけでも雰囲気が盛り上がるこの商品に、手持ちを付けてさらに楽しみの幅を広げました。
ご主人様にあなたの絶対の服従をアピールすれば、いつも以上に本能的な時間を過ごせます。
価格:¥6,300¥2,835
管理人の一押し
「ヴァーリアベビードールセット」の詳細を見る
ヴァーリアベビードールセット
■サイズ B78〜88:W58〜70:H87〜95cm ■カラー ピンク/黒 ■セット内容 ベビードール・ショーツ(Tバック)
ふんわりとしたAライン風のランジェリー「ヴァーリアベビードールセット」。
淡い桜色を基調としたランジェリーで、小さめの黒レース素材のフリルを胸元と裾にあしらった、可愛らしく上品な一着です。
価格:¥3,465¥2,599

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

相互リンク

お小遣い稼ぎに♪

投票お願いします♪

質問 読んでみたい小説のジャンルは?
羞恥系SM
レズ
純愛
メール調教
女子校生
OL
メイドさん
ロリっ娘

コメント



- アクセス解析 -

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/18 02:04  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~20


愛理はぎこちない仕草で上半身を起した。少し動くだけで脂汗がじっ
とりと首筋に垂れてくる。しゃがんだまま脚をがに股気味に開き、本
当の犬のように両手を胸につけるとチンチンのポーズをしてみせた。
「いやぁ……こんな格好……恥ずかしいよぉ」
「すごく可愛いよ。浣腸液でぽっこりしたお腹がはっきり見える……。
オマンコもいやらしい液でヌルヌルだ」 便意が限界を迎えているのに、愛液を滴らせてしまう自分を恨めしく
思いながらも、愛理は聡が乳首を摘んだり、垂れ下がっている鈴を足
で慣らされる度に淫猥な吐息を漏らしていた。
「うぅ……もうダメぇ、おかしくなっちゃうぅ……!!」
「じゃ、どうして欲しいかお願いしてごらん。変態マゾペットの愛理
ならできるだろ?」
鎖を強く引くと、聡は自分の顔をきちんと見ながらお願いするよう愛
理に命じた。
小さい頃から懐いてくれた可愛い妹が、犬と同じように鎖に繋がれ必
死で便意に耐えている――。聡の嗜虐心を満たすのには最高のシチュ
エーションだった。

「んんっ!! んはぁ……愛理、うんちしたくて……。お願いです……
お尻の栓を外して、うんちさせてください……」
「それだけじゃないだろ。うんちしてるところ見てくださいって言わ
ないと……」
(お兄ちゃんに……うんちしてる汚いところなんか見せたくないよぉ
……。で、でも……言わなきゃ……。お腹が苦しくて、おかしくなっ
ちゃう。)
「見てぇ……愛理がうんちしちゃう恥ずかしいところ……見てくださ
い……。もうお腹……苦しくて、漏れちゃいそうなのぉ……!!」
一番言いたくなかった言葉を口にしたはずなのに、子宮の奥が熱く疼
いているのを、愛理は痴態を曝したまま感じていた。

聡は涙でグシャグシャになった頬に優しく口付けると、愛理の背後に
回り、尻穴からだらしなくぶら下がっているストッパーの赤い紐に手
を掛け、愛理の耳元で囁いた。
「せっかくだから、チンチンのポーズのままでしちゃおうか……。さ
ぁ、栓を外すよ」
栓を抜かれた状態で、少しでも動いたら漏れてしまう――。嫌でも羞
恥的なポーズのまま排泄行為をしなければならないほど、愛理の便意
は限界に達していた。

「あっ!! はぁんっ、ダメぇ……!! で、出ちゃうよぉ~!! お願い
お兄ちゃん……見ないでぇ……」
か細い嗚咽と共に最初は浣腸液が尻穴から噴出し、下劣な音を立てな
がら土色の固形物がボトボトと地面に落ちていく。
「ダメぇ……止まらないよぉ、うんちたくさん漏れちゃうぅ……はぁ
ん、うぅん!!」
尻穴から排泄物をひり出すたびに、愛理はブルブルと身体を震わせ、
粗い吐息と共に切なそうな声を上げる。

「愛理は便秘気味なのかな? すごい量だよ……。可愛い愛理がチン
チンのポーズで、うんちをして、おま○こを濡らしちゃうなんて……。
クラスのみんなはどう思うだろうなぁ」
「い、いやぁ!! そ、そんなこと言わないでぇ……」
しかし、聡は愛理の言葉とは裏腹に、言葉で責めるたびに顔を上気さ
せ、愛液を溢れさせているのを、嬉しそうに眺めていた。

(あぁ、死にたいくらい恥ずかしいのに……。身体がすごく熱い……。
私、本当に変態ペットになっちゃうよぉ……。)
そして、愛理もまた排泄行為を快楽として実感し始めていた。地面か
ら漂ってくる臭気よりも、排泄時に襲ってくる快感に浸っていた。

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

<< BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~21 | HOME | BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~19 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。