FC2ブログ

プロフィール

・ichico・

Author:・ichico・
FC2ブログへようこそ!
掲載予定の作品はほぼ成人向けになります。
18歳未満の方は、ご遠慮ください。
このブログに掲載されているテキストの著作権は管理人・ichiko・が有しています。無断転載禁止デス。
コメントに感想など残していただけると嬉しいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

おすすめサイト

おすすめ商品!

管理人の一押し
「紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)」の詳細を見る
紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)
■紅椿シリーズ ■持ち手付首輪 ■ケースサイズ 170x60x170mm
チェーンの持ち手を付けた幅広の首輪です。
本革製で重量感があり、首輪だけでも雰囲気が盛り上がるこの商品に、手持ちを付けてさらに楽しみの幅を広げました。
ご主人様にあなたの絶対の服従をアピールすれば、いつも以上に本能的な時間を過ごせます。
価格:¥6,300¥2,835
管理人の一押し
「ヴァーリアベビードールセット」の詳細を見る
ヴァーリアベビードールセット
■サイズ B78〜88:W58〜70:H87〜95cm ■カラー ピンク/黒 ■セット内容 ベビードール・ショーツ(Tバック)
ふんわりとしたAライン風のランジェリー「ヴァーリアベビードールセット」。
淡い桜色を基調としたランジェリーで、小さめの黒レース素材のフリルを胸元と裾にあしらった、可愛らしく上品な一着です。
価格:¥3,465¥2,599

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

相互リンク

お小遣い稼ぎに♪

投票お願いします♪

質問 読んでみたい小説のジャンルは?
羞恥系SM
レズ
純愛
メール調教
女子校生
OL
メイドさん
ロリっ娘

コメント



- アクセス解析 -

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/26 14:47  甘い香り12


美咲がリードを強く引くのは、菜々子が今している行為を止めさせる
合図だ。菜々子は美咲の足に奉仕するのを止めて、少し名残惜しそう
にしている。
(本当に、従順ないいコに育ったわね……。)
お預けをくらった子犬のような菜々子の頭をひと撫ですると、美咲は
ブラウスとタイトスカートを脱ぎ、下着姿になった。

黒のブラとショーツに、ガーターベルト――。菜々子が「美咲様」と
呼んでいることに違和感を感じないくらい妖艶な姿だった。
美咲はショーツだけを脱ぐと、再びソファに座り、首輪のリードを引
く。 吸い寄せられるからのように、菜々子はソファに手を掛け美咲の胸の
中に顔を埋める。
直に美咲に触れることで、かすかだった香水の香りが少し強くなる。
こうして抱き合っていると全てから守られてる気がして、菜々子はと
ても満たされた気持ちになる。

美咲は、菜々子の髪を撫でながら、額や頬、首筋に軽くキスをする。
美咲が口付ける度に、菜々子はだらしなく半開きになった唇から甘い
吐息を漏らしていた。
やがて、美咲の焦らすような口付けが唇に辿り着く。ピチャピチャと
艶かしい唾液の音をさせながら、ふたりは夢中で舌を絡め合わせる。

「んん…ちゅ、ぴちゃ……もっと、舌を出して」
「ふぁぃ……はぁはぁ、気持ち…いいれすぅ……」
「唇……甘くて、すごく美味しい……。んく、ちゅ……菜々子のエッ
チでだらしない顔とご奉仕で、すっかりエッチな気分になっちゃった
……」

そう言うと、美咲は口付けを交わしながら、菜々子の右手を自分の濡
れぼそった秘部に導いていく。
「んく……ちゅ、ちゅぅ……美咲様も……すごい熱くなってる」
「あぁん!! うぅ……菜々子、上手よ……あぁ、んんっ!! そ、そう
……もっと気持ちよくして……」
美咲の感じる部分を探るように、菜々子は熱心に指を蠢かせていく。
ぷっくりと膨らんだ突起部分を指でつまんで擦り合わせると、美咲が
甘やかな声を上げ、自分も菜々子の秘部に手を滑り込ませる。

「み、美咲様……んあぁ!! はぁはぁ、あん、あぁぁ……早くぅ……
欲しいですぅ~!!」
美咲の足でイカされた秘部に再び快感を与えられ、菜々子は堪らず声
を漏らしてしまう。
互いの秘部を弄り合う時、我慢できずにさらなる快感を求めるのは、
いつのも菜々子のほうだ。

「堪え性のないコねぇ……さっき、イッたっばかりなのに……」
美咲はリードを引くと、寝室へと菜々子を連れて行く。いつもなら、
互いの秘部を擦り合わせるか、美咲がペニスバンドをつけて菜々子の
身体を貫くのが、長い快楽の終着点だ。
菜々子はそれを心待ちにして、命じられる前に足を大きく広げる。そ
の淫猥な格好は、まるで娼婦のようだ。

(早く……早く、もう、おかしなっちゃいそうなのに……)
焦らされて身体をくねらせる菜々子を尻目に、美咲はクローゼットか
ら何やら取り出し、ゆっくりと菜々子に近づいていく。
「ふふ、今日はこれで楽しみましょ……」
美咲の手には、黒光りした双頭ディルドが握られていた。

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

<< 甘い香り13 | HOME | 甘い香り11 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。