FC2ブログ

プロフィール

・ichico・

Author:・ichico・
FC2ブログへようこそ!
掲載予定の作品はほぼ成人向けになります。
18歳未満の方は、ご遠慮ください。
このブログに掲載されているテキストの著作権は管理人・ichiko・が有しています。無断転載禁止デス。
コメントに感想など残していただけると嬉しいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

おすすめサイト

おすすめ商品!

管理人の一押し
「紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)」の詳細を見る
紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)
■紅椿シリーズ ■持ち手付首輪 ■ケースサイズ 170x60x170mm
チェーンの持ち手を付けた幅広の首輪です。
本革製で重量感があり、首輪だけでも雰囲気が盛り上がるこの商品に、手持ちを付けてさらに楽しみの幅を広げました。
ご主人様にあなたの絶対の服従をアピールすれば、いつも以上に本能的な時間を過ごせます。
価格:¥6,300¥2,835
管理人の一押し
「ヴァーリアベビードールセット」の詳細を見る
ヴァーリアベビードールセット
■サイズ B78〜88:W58〜70:H87〜95cm ■カラー ピンク/黒 ■セット内容 ベビードール・ショーツ(Tバック)
ふんわりとしたAライン風のランジェリー「ヴァーリアベビードールセット」。
淡い桜色を基調としたランジェリーで、小さめの黒レース素材のフリルを胸元と裾にあしらった、可愛らしく上品な一着です。
価格:¥3,465¥2,599

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

相互リンク

お小遣い稼ぎに♪

投票お願いします♪

質問 読んでみたい小説のジャンルは?
羞恥系SM
レズ
純愛
メール調教
女子校生
OL
メイドさん
ロリっ娘

コメント



- アクセス解析 -

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/14 01:43  放課後17


だが、マゾペットの結衣に真山の命令を拒む権利は
ない。確かに身体が冷えて尿意はあるのだが、緊張
からか、いきんでも思うようにオシッコが出てこな
い。真っ赤になってうつむきながら、懸命に放尿し
ようとする結衣の後ろに回りこむと、真山は彼女の
ポッコリと膨らんだ下腹部を優しくさすりながら、
耳元で囁いた。
「授業の時みたいに、クラスのみんなが席について
いるのを想像してごらん。みんなが結衣の放尿ショ
ーを見てくれるんだよ」
「いやぁ~、恥ずかしいです……。こんな所で、オ
シッコなんて……」
涙混じりの懇願だが、明らかに興奮しているのを真
山が見逃すはずがなかった。
「嘘は良くないよ。こんなに濡らしておいて……。
ほら、みんなにご挨拶しなさい」
真山は結衣の目の前で、すくい取った愛液を見せ付
けた。粘り気のある愛液は、糸を引いていやらしく
光っている。
(あぁ、みんなが私を見てるの? 裸で犬のように
扱われて、いやらしいお汁を垂れ流しちゃってる、
私のコト……)
明るい部屋で、無数の視線が自分を犯している……。
「クラスの皆さん、いつもは真面目で優等生ぶって
いるけど、結衣は処女のくせにこんな格好でオマ○
コを濡らしちゃうマゾペットです……。どうか……
オシッコをしている、はしたない姿を……見てくだ
さい……」
痴態を晒す行為への快感と諦めに、結衣はいるはず
のないクラスメイトたちに向けて、口を開いた。
「よく言えたね。思いっきり出しなさい」
そう言うと、真山は優しくさすっていた下腹部に力
を入れ押し始めた。
「あ、あ、あ!? だ、ダメ!! 出ちゃうぅ~。オシ
ッコ出ちゃうよぉ~~~!! あぁ、あんっ!!」

結衣の嬌声と共に、尿道口から最初はチョロチョロ
と、次第に勢いを帯びて黄色い透明の液体が、放物
線を描き始めた。
「いやぁん、オシッコ出ちゃった……。結衣、みん
なの前でオシッコして……感じてるのぉ~~!! あ、
あんっ、見て……マゾ奴隷の結衣が、オシッコして
るところ見て~~!!」
大量のオシッコが、ペットシートの上に大きなシミ
を描いていく。紺のソックスにも飛沫が飛び散って
いるが、結衣はそんなコトを気にも留めず、熱にう
なされたように淫らな言葉を発していた。

いつの間にか、前の席に座った真山は食い入るよう
に結衣の放尿ショーを眺めて、ほくそ笑んでいた。
「あ、あっ!! いやぁ~~。オシッコ……しながら
イッちゃいそうぅ~」
「じゃぁ、僕とみなんなに、イクことを宣言してか
らイキなさい」
「はい……。処女のマゾペット結衣は、オシッコし
ながら、イッちゃいます……。あん、あぁ……イク
ッ!! やぁ~、イクイクイクーーー!!! うぅ、は
ぁはぁん……」
上半身を反らしながら、結衣は絶頂を迎えた。足は
ガクガク震え、オシッコの染み込んだシートの上に、
ぺたんとへたり込んでしまった。
(見られているという、想像だけでこんなに乱れる
とは……。本当に最高のマゾ奴隷だよ、結衣。もっ
ともっと淫らに育ててあげるよ……。)

「はぁん、あん……ご主人様ぁ……」
優しく髪を撫でながら、縄を解く真山の身体にもた
れかかりながら、結衣は絶頂の余韻に浸っていた。
そして、お尻にぐっしょりと感じる、放尿したシミ
の感触すらも、今は心地よく思えていた。

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

<< つぶやき | HOME | 放課後16 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。