FC2ブログ

プロフィール

・ichico・

Author:・ichico・
FC2ブログへようこそ!
掲載予定の作品はほぼ成人向けになります。
18歳未満の方は、ご遠慮ください。
このブログに掲載されているテキストの著作権は管理人・ichiko・が有しています。無断転載禁止デス。
コメントに感想など残していただけると嬉しいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

おすすめサイト

おすすめ商品!

管理人の一押し
「紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)」の詳細を見る
紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)
■紅椿シリーズ ■持ち手付首輪 ■ケースサイズ 170x60x170mm
チェーンの持ち手を付けた幅広の首輪です。
本革製で重量感があり、首輪だけでも雰囲気が盛り上がるこの商品に、手持ちを付けてさらに楽しみの幅を広げました。
ご主人様にあなたの絶対の服従をアピールすれば、いつも以上に本能的な時間を過ごせます。
価格:¥6,300¥2,835
管理人の一押し
「ヴァーリアベビードールセット」の詳細を見る
ヴァーリアベビードールセット
■サイズ B78〜88:W58〜70:H87〜95cm ■カラー ピンク/黒 ■セット内容 ベビードール・ショーツ(Tバック)
ふんわりとしたAライン風のランジェリー「ヴァーリアベビードールセット」。
淡い桜色を基調としたランジェリーで、小さめの黒レース素材のフリルを胸元と裾にあしらった、可愛らしく上品な一着です。
価格:¥3,465¥2,599

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

相互リンク

お小遣い稼ぎに♪

投票お願いします♪

質問 読んでみたい小説のジャンルは?
羞恥系SM
レズ
純愛
メール調教
女子校生
OL
メイドさん
ロリっ娘

コメント



- アクセス解析 -

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/09/16 02:08  猫耳ラプソディー(7)


「はぁあん……♪ お姉様のおねだり、友梨亜の子宮にまでしっか
りと響きましたわ」
「ア、アンタが無理やり言わせるから……」
 両手を頬に当てて、清香の言葉を反芻する友梨亜とは対照的に、
清香の顔は恥ずかしさのあまり耳の裏まで朱色に染まっていた。
「うふふ、そういう口答えは可愛くないですわよ。お姉様の大事な
トコロは、こんなに素直なのに……」
「ひぃっ、あぁああんっ!」
 友梨亜の指がクリ○リスを弾くと、清香は堪らず背中を仰け反ら
せた。
「ほら、また溢れてきた。おねだり通り、たっぷり触ってあげますね」
 再び友梨亜の指が、ぷっくり膨れた尖起部に触れようとした時、
清香がのろのろと起き上がった。革製の赤い手枷で両手の自由を奪
われているせいで、膝立ちになっても、上手くバランスを取れず、
フラつく上半身を友梨亜に抱きとめられた。 「お姉様……?」
「な、何か……、アタシっばかりしてもらうの……悪いかなって……」
 友梨亜の耳元で照れくさそうに呟く清香の手が純白のショーツの
中に滑り込む。
「んあぁあんっ……、お姉様の指が……」
 手枷のせいでぎこちない指の動きに、友梨亜は思わず淫声を漏ら
し、抱きとめた清香の身体をギュッと抱きしめた。
「友梨亜も……すごい濡れてる。人の触るの初めてなんだけど……
気持ち……いい?」
「ええ……、とっても。お姉様に触られてるって思うだけで絶頂に
達してしまいそうですわ。それに……、お姉様が友梨亜の事を気遣
ってくれるのが、何より嬉しいです」
「ち、違うわよ……! アンタに主導権を握られっぱなしなのが癪
に障るっていうか……。どうせなら、2人で気持ちいい方がいいか
なって……」
「お姉様のそういう優しいところ大好きですわ♪」
 友梨亜は清香の手枷を外すと、自分も同じように清香の媚肉に指
を這わせた。

「あぁんっ……、んくぅ、あっ……あっ、んはぁああ……」
 2人は膝立ちのまま互いの蜜肉を弄り合い、愉悦の時間を共有し
始めた。お互いの指先が淫汁と絡み合うたびに、部屋中に卑猥な音
と甘ったるい吐息だけが響き渡たる。
「あぁん……、んはぁ、はぁ……はぁ、お姉様、私もすごく感じま
すわ……。あんっ……そこ……、上のザラついてる所をもっと……」
 友梨亜に言われるがまま、清香は中指をくの字に曲げて、ザラつ
いた肉壁を擦りあげた。艶めいた矯声とともに、友梨亜の指も巧み
に清香の肉唇を弄んでいく。
「んんっ……、ちゅぅ、ちゅっ……」
 快楽を貪りながら、自然と2人の唇が重なる。小鳥が餌をついば
むような愛らしい口付けは、指の動きに合わせて徐々に激しさを増
していく。

「あぁんっ! んあぁああ……、くぅふっ……。友梨亜……、もう
ヤバイかも……」
「私もですわ……。あんっ、んはぁああ……!」
 お互いの身体をぴったり寄せ合うように舌を絡め、蜜壷に指を出
し入れし合う2人は、絶頂の扉のすぐ手前まで導かれていた。
「んはぁ……、んんっ! あぁあああんっ!」
 友梨亜は空いている左手で清香の腰を強く抱き寄せると、シッポ
を震わせている牝猫の肉唇をさらに激しくかき混ぜた。
「あぁんっ! ダメッ……。友梨亜……、そんな激しいのっ……。
あくぅ、あぁんっ……あぁっ、イクッ……。あぁああああんっ!」
「わ、私も……。お姉様……一緒に……! くぅんっ……、んはぁ
ああっ! はぁあああっ!」

 蜜肉が小刻みに痙攣するのと同時に2人の淫声が絶頂の艶音を奏
で、崩れ落ちるようにベッドに倒れ込んだ。
収縮を繰り返す互いの肉唇からは白く泡立った愛液が垂れ流されて
いる。
 まだ荒い呼吸を繰り返しながら、友梨亜は「お姉様」とだけ呟く
と、半開きになった清香の唇を吸った。その優しい口付けに清香も
抗うことなく応える。
 窓から差し込む西日が、汗ばんだ2人の少女の肢体をさらに赤く
淫らに染めていた。

<< ビタートラップ~恥辱のコスプレ撮影会~(1) | HOME | 猫耳ラプソディー(6) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。