FC2ブログ

プロフィール

・ichico・

Author:・ichico・
FC2ブログへようこそ!
掲載予定の作品はほぼ成人向けになります。
18歳未満の方は、ご遠慮ください。
このブログに掲載されているテキストの著作権は管理人・ichiko・が有しています。無断転載禁止デス。
コメントに感想など残していただけると嬉しいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

おすすめサイト

おすすめ商品!

管理人の一押し
「紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)」の詳細を見る
紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)
■紅椿シリーズ ■持ち手付首輪 ■ケースサイズ 170x60x170mm
チェーンの持ち手を付けた幅広の首輪です。
本革製で重量感があり、首輪だけでも雰囲気が盛り上がるこの商品に、手持ちを付けてさらに楽しみの幅を広げました。
ご主人様にあなたの絶対の服従をアピールすれば、いつも以上に本能的な時間を過ごせます。
価格:¥6,300¥2,835
管理人の一押し
「ヴァーリアベビードールセット」の詳細を見る
ヴァーリアベビードールセット
■サイズ B78〜88:W58〜70:H87〜95cm ■カラー ピンク/黒 ■セット内容 ベビードール・ショーツ(Tバック)
ふんわりとしたAライン風のランジェリー「ヴァーリアベビードールセット」。
淡い桜色を基調としたランジェリーで、小さめの黒レース素材のフリルを胸元と裾にあしらった、可愛らしく上品な一着です。
価格:¥3,465¥2,599

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

相互リンク

お小遣い稼ぎに♪

投票お願いします♪

質問 読んでみたい小説のジャンルは?
羞恥系SM
レズ
純愛
メール調教
女子校生
OL
メイドさん
ロリっ娘

コメント



- アクセス解析 -

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/07/27 16:17  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~5


西日が傾きかけている部屋では、愛理の荒い息遣いと時折漏らす艶か
しい喘ぎ声だけが響いていた。
「もぉ……ダメぇ~、早く触りたいよぉ……」
いつも聡に甘えるような声を出しながら、愛理はもどかしそうに腰を
動かしている。10分という時間がこれほど長く感じたのは初めての
ことだった。その間も、真綿で首を絞めるようにメンタームの刺激が
未成熟な突起部分を火照らせていく。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/07/17 15:11  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~4


愛理は、昨日メールを送ったことを後悔していた。
誰にも言えなかった義兄への想いを告白したことで気持ちは軽くなっ
たが、誰ともわからない相手に、自分の痴態まで語ってしまったのだ。
フリーメールとはいえ、ネットの知識に乏しい愛理には不安でもあっ
た。
(もし、私だってバレたら…どうしよう……。)

足早に家路に着くと、母親はカルチャースクールに行っているらしく、
帰りが遅くなるというメモがリビングに残されていた。
愛理はそのメモに目を通すのもそこそこに、部屋に戻り、急いでパソ
コンを立ち上げる。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/07/11 19:31  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~3


仕事を終え、マンションにたどり着くと、聡はシャワーを浴びて、缶
ビールで喉を潤しながら、パソコンの前に向かう。わざわざ、携帯の
メールに愛理から「パソコンにも送ったよ♪」というメールが来てい
たからだ。

愛理は、毎日他愛もない出来事を書いてくる。学園生活はそれなりに
楽しいようだ。あれだけ可愛くて、性格も明るければイジメられる心
配もないだろう。むしろ、愛理が質の悪い男どもに目を付けられない
か、そっちのほうが心配なくらいだ。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/07/08 15:09  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~2


入学式から一週間――。
学校から戻った愛理は、部屋に置いてあるパソコンの電源を入れた。
入学してから、学校の行事や課題の多さに、せっかく聡からもらった
パソコンは放置状態になっていたのだ。それでも、聡へのメールは携
帯から毎日送っていた。

「パソコンからもメール送ってみようかなぁ」
聡に教えてもらった手順でフリーのメールアドレスを取得すると、
今日あった出来事などを聡のメールに送る。
(せっかくだから、いろんなサイト見てみようっと。)
適当に興味のある単語を検索して、面白そうなサイトを見つけては、
お気に入りに入れていく。1時間ほどそんなことを繰り返して、そろ
そろ明日の課題に手をつけようとした時、1通のメールが届いてきる
ことに気付いた。
「お兄ちゃんからかな……?」

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/07/05 22:04  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~1


「ねぇ、お兄ちゃん、たまには帰ってくるよね……」
愛理は手荷物をまとめている兄の聡に、寂しげに尋ねる。4月から社
会人になるのを機に、聡は一人暮らしをすることになっていた。今日
がその日なのだ。

「ちゃんと帰ってくるよ。家から、3駅しか離れてないし。愛理も高
校生になるんだから、少しはお兄ちゃんっ子から卒業しないとな」
「でも、明後日の入学式で、私の制服姿見て欲しかったなぁ……」
愛理はちょっと拗ねたように上目遣いで聡を見上げる。
「これからいくらでも見れるよ……。それより、パソコン大事に使え
よ」

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

| HOME |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。