FC2ブログ

プロフィール

・ichico・

Author:・ichico・
FC2ブログへようこそ!
掲載予定の作品はほぼ成人向けになります。
18歳未満の方は、ご遠慮ください。
このブログに掲載されているテキストの著作権は管理人・ichiko・が有しています。無断転載禁止デス。
コメントに感想など残していただけると嬉しいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

おすすめサイト

おすすめ商品!

管理人の一押し
「紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)」の詳細を見る
紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)
■紅椿シリーズ ■持ち手付首輪 ■ケースサイズ 170x60x170mm
チェーンの持ち手を付けた幅広の首輪です。
本革製で重量感があり、首輪だけでも雰囲気が盛り上がるこの商品に、手持ちを付けてさらに楽しみの幅を広げました。
ご主人様にあなたの絶対の服従をアピールすれば、いつも以上に本能的な時間を過ごせます。
価格:¥6,300¥2,835
管理人の一押し
「ヴァーリアベビードールセット」の詳細を見る
ヴァーリアベビードールセット
■サイズ B78〜88:W58〜70:H87〜95cm ■カラー ピンク/黒 ■セット内容 ベビードール・ショーツ(Tバック)
ふんわりとしたAライン風のランジェリー「ヴァーリアベビードールセット」。
淡い桜色を基調としたランジェリーで、小さめの黒レース素材のフリルを胸元と裾にあしらった、可愛らしく上品な一着です。
価格:¥3,465¥2,599

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

相互リンク

お小遣い稼ぎに♪

投票お願いします♪

質問 読んでみたい小説のジャンルは?
羞恥系SM
レズ
純愛
メール調教
女子校生
OL
メイドさん
ロリっ娘

コメント



- アクセス解析 -

2006/06/29 20:24  つぶやき



「甘い香り」は第14話で最終話となります。
百合モノは初めての試みでしたが、
コメントもいただいて嬉しい限りでした(感涙。

美咲様の人気が高かったので、いずれ
アナザーストーリーも…。

次回からは、アンケートで関心の高い
百合モノを絡めつつ、美少女女子校生の
メール調教小説をお送りしま~す♪

「ないしょのココロ」では、相互リンク大歓迎です。
ご希望の際は、メールかコメントにてご連絡ください。

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/06/29 20:13  甘い香り14


極太のディルドで繋がったふたりは、時折キスを交わしながら、本能
の赴くままに腰をくねらせている。
「んん、はぁん!! な、菜々子……ちゃんと見なさい……こんなにお
汁が……溢れてる……」
目をつむり快楽の波を漂っていた菜々子が、うっすら目を開けると白
っぽく泡立った愛液が、べったりと黒いディルドに絡みつているのが
見えた。
「あぁ……すごい…あん!! っんく……美咲様と繋がって……はぁは
ぁ……あぁぁ~~、ダメ!!」
少しずつ押し寄せてくる絶頂に、菜々子の身体が小さく跳ねる。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/06/28 16:11  甘い香り13


双頭ディルドは、美咲がいつも使うペニスバンドよりも、菜々子が今
まで経験した男性のモノより数段大きい。
「そ、そんな大きいの……恐い……」
「菜々子のスケベなオマ○コなら、すぐに飲み込んじゃうわよ……。
それに……またこんなに溢れさせて……これで犯されるの想像しちゃ
ったんでしょ?」
耳元でそう囁きながら、美咲がディルドの先でクリ○リスを擦りあげ
ると、菜々子は切なそうに声を上げながら頷く。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/06/26 14:47  甘い香り12


美咲がリードを強く引くのは、菜々子が今している行為を止めさせる
合図だ。菜々子は美咲の足に奉仕するのを止めて、少し名残惜しそう
にしている。
(本当に、従順ないいコに育ったわね……。)
お預けをくらった子犬のような菜々子の頭をひと撫ですると、美咲は
ブラウスとタイトスカートを脱ぎ、下着姿になった。

黒のブラとショーツに、ガーターベルト――。菜々子が「美咲様」と
呼んでいることに違和感を感じないくらい妖艶な姿だった。
美咲はショーツだけを脱ぐと、再びソファに座り、首輪のリードを引
く。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/06/23 15:59  甘い香り11


「ホント……すごい、グチャグチャじゃない……」
すらりと伸びた美咲の足が、快楽に飢えている秘部をかき回していく。
「あっ!! あんっ、あぁぁ……う、うく……いい……もっと弄ってく
ださい!!」
ガーターストッキングを履いたままの足が、割れ目の奥をこねくり回
す度、菜々子は切なそうに声を上げる。ガーターストッキングの繊維
が、敏感な部分に擦れて卑猥な音が部屋中に響き渡る。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/06/20 15:39  甘い香り10




夜――。菜々子は美咲のマンションで夕食を済ませると、シャワーを
浴びた。一緒に住むとまではいかないが、菜々子は週の半分を美咲の
マンションで過ごすようになっていた。もちろん、週末は絶対だ。

美咲が帰って来るまでに、彼女の命令どおりの格好をして待っていな
ければならないのだ。会社で中途半端な刺激を与えられた菜々子は、
シャワーを浴びながら何度も秘部に手を伸ばしそうになった。だが、
勝手にオナニーをすることを禁止されているので、なんとか我慢して
火照りを鎮めようとする。

浴室から出ると、菜々子はリビングのテーブルに置いてある携帯にメ
ールの着信があることに気付く。メールは美咲からで、あと30分ほ
どでマンションに着くと書かれていた。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/06/17 16:12  甘い香り9




「佐伯さん、ちょっといいかしら」
ミーティングの後、会議室から出て行こうとする菜々子を、美咲の涼
やかな声が呼び止める。普通に見れば、上司が部下に何か話をする、
ごくありふれた光景――。だが、呼び止められた菜々子は、少しおど
おどしながら美咲の元へ足を運んだ。

「言われた通りにしてきた?」
美咲は会議室に自分と菜々子しかいないのを確認すると、妖艶な笑み
を浮かべて問いかける。
「……はい」
真っ赤になり、うつむきながら、菜々子は力なく答える。
「じゃぁ……見せてごらんなさい」
「ここで……ですか?」
美咲は答えない。それは、菜々子が逆らうことを許さないという意味
だ。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/06/08 02:15  つぶやき


久しぶりの更新ですー。
仕事が忙しくなると、更新が滞ってしまうのは
本当に反省……。
なるべく定期的に更新していきますので
お付き合いくださいませ。

「放課後」のアナザーストーリーは
構成がいまいちまとまらないので
もう少しお待ちを…。

30000ヒット!!
感謝感謝でございます(涙。
これからも、頑張ります。

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/06/08 02:09  甘い香り8


菜々子にとってセックスは、相手が欲望のままに身体を弄り、求めら
れればフェラチオをするという単調な行為に過ぎなかった。自分から
積極的に求めたことがなかったのだ。それがキスと指先の愛撫だけで
愛液を溢れさせ、盛りのついたメス猫のように、自ら快楽を求め始め
ている。しかも同性相手に――。
(あぁ……なんて愛らしいの……。男なんかに抱かせるには、もった
いないわ……。)

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

| HOME |


 BLOG TOP