FC2ブログ

プロフィール

・ichico・

Author:・ichico・
FC2ブログへようこそ!
掲載予定の作品はほぼ成人向けになります。
18歳未満の方は、ご遠慮ください。
このブログに掲載されているテキストの著作権は管理人・ichiko・が有しています。無断転載禁止デス。
コメントに感想など残していただけると嬉しいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

おすすめサイト

おすすめ商品!

管理人の一押し
「紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)」の詳細を見る
紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)
■紅椿シリーズ ■持ち手付首輪 ■ケースサイズ 170x60x170mm
チェーンの持ち手を付けた幅広の首輪です。
本革製で重量感があり、首輪だけでも雰囲気が盛り上がるこの商品に、手持ちを付けてさらに楽しみの幅を広げました。
ご主人様にあなたの絶対の服従をアピールすれば、いつも以上に本能的な時間を過ごせます。
価格:¥6,300¥2,835
管理人の一押し
「ヴァーリアベビードールセット」の詳細を見る
ヴァーリアベビードールセット
■サイズ B78〜88:W58〜70:H87〜95cm ■カラー ピンク/黒 ■セット内容 ベビードール・ショーツ(Tバック)
ふんわりとしたAライン風のランジェリー「ヴァーリアベビードールセット」。
淡い桜色を基調としたランジェリーで、小さめの黒レース素材のフリルを胸元と裾にあしらった、可愛らしく上品な一着です。
価格:¥3,465¥2,599

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

相互リンク

お小遣い稼ぎに♪

投票お願いします♪

質問 読んでみたい小説のジャンルは?
羞恥系SM
レズ
純愛
メール調教
女子校生
OL
メイドさん
ロリっ娘

コメント



- アクセス解析 -

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/12 20:46  友達遊戯11


(イッちゃったの……? イクって……こんなに……。)
意識はフワフワと浮遊しているのに、両手が拘束されているのも手
伝って、身体はぐったりとして重くベッドに沈んでいく。
朦朧とした意識の中、身体が自分の物でなくなるような感じがして、
美穂は少し怖くなった。
呼吸を整えようとしても、まだローターが動いているせいか、上手
く息ができないでいる。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/06/10 18:03  友達遊戯10



「それがどんどん押し寄せて来て……頭が真っ白になっちゃうのが
『イク』ってことだよ。すご~く気持ちいいんだよ……。美穂ちゃん、
イキたい?」
美穂は淫らな声を発しながら、首を縦に動かした。
「じゃ、お願いして。愛理がドキドキして感じちゃうくらい、エッ
チな言葉でおねだりできたらイカせてあげる」
「あんっ、ふぁん……そんなの恥ずかし過ぎる……」
「じゃ、お預けだね。せっかく、イクって感覚を教えてあげようと
思ったのにぃ……」
クリ○リスへの愛撫を止めると、愛理は乳首の洗濯バサミを引っ張
った。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/05/23 11:12  友達遊戯9


(私の身体……なんだか変だよ……。痛いのに、舐めたれると頭の
中がフワフワして……。)
快感と痛みを交互に与えられ、美穂の思考はさらに混乱していた。
冷静に考えれば、親友と信じていた愛理に、ひどい仕打ちをされて
いるはずなのに、彼女を憎めないでいる。
むしろ、子どものように何の躊躇いもなく、快感をねだることが心
地よくなってきている自分がいた。

西日が傾きかけ、校庭から聞こえる運動部のかけ声もまばらになっ
てきている。
(そろそろ終わりにしないと、誰かに見つかっちゃうなぁ……。)
愛理は親友の快楽を支配する時間を惜しむように、再び美穂に口付
け、舌を艶かしく絡ませた。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/05/19 14:18  友達遊戯8


柔らかい舌と絶え間なく快感を与えてくれる指の刺激に、美穂は惚
けた表情でベッドに横たわっていた。
「お仕置き」という言葉も気になったが、愛理から受ける愛撫のま
では、その言葉もすっかり薄れてしまう。だから、愛理が洗濯バサ
ミを右手で弄んでいるのを見た時は、しばらく何をされるのかも理
解できないでいた。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/05/18 04:18  友達遊戯7


「あんっ……ふっ……あぁっ!!」
美穂は自由のきかない身体をくねらせながら、ベッドの上で悶えてい
た。
勃起したクリ○リスを擦られるたびに、我慢しても声が漏れてしまう。

「ね、気持ちいいでしょ? 美穂ちゃんは処女だから……オマ○コよ
り、こっちの方が痛くないし、気持ちいいのがずっと続くでしょ?」
愛理は擦る指を休めたり、激しくしたりして、愛理の反応を楽しんで
いる。必死で声を押し殺しているせいか、息が苦しくなるのだろう、
美穂は時々鯉のように口をパクパクさせて荒い呼吸を繰り返している。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/05/15 01:23  友達遊戯6


放課後のこの時間なら、校庭から運動部の活気のある声や吹奏楽部の
楽器の音が保健室まで届いているはずだ。
しかし、美穂の頭の中は時間が止まったように、愛理が指を動かすた
びにピチャピチャと卑猥に響く淫音と親友の切ない喘ぎ声しか聴こえ
てこない。

赤く充血した突起を軽く抓ると「はぁ……愛理、ココが一番感じちゃ
うんだぁ……」と、愛理は媚びるような甘ったるい声を上げた。片腕
で体を支えている不自然な体勢なのに、秘部を弄る指先は更に激しく
なっていく。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/04/12 19:31  友達遊戯5


体操服が捲り上げられ、美穂の胸元が露わになる。シンプルな白いブ
ラジャーが、豊満な乳房の谷間を際立たせていた。
これから起こることへの怯えと、大好きな親友に対して強く拒めない、
そんな複雑な感情が美穂の中で交錯し、知らず知らずのうちに、また
ポロポロと涙をこぼしていた。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/03/19 00:49  友達遊戯4


夕陽の暮れかけた保健室のベッドの上で、愛理と美穂は幾度と無く唇
と重ねていた。口と口が触れ合うかわからない子供のような幼いキス
から、舌を絡め合い、唾液の音が淫らに聞こえてくるような口付けに
変わっても、美穂は先ほどのように拒むことなく愛理の柔らかい唇を
受け入れていた。
(ふわぁ……女のコ同士だけど、キスってこんなに気持ちいいんだぁ
……。頭がクラクラして溶けちゃいそう。愛理ちゃん、すごい上手だ
よ……。)

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/03/10 01:42  友達遊戯3


愛理の突然の行動に、美穂はどうしていいか解らず身を固くしていた。
「ね、ねぇ……体育の後だから、私、汗臭いよ……」
「それなら私も一緒だよ。それに美穂ちゃん……いい匂いするよ」
愛理は美穂の戸惑いなどおかいまい無しにギュッと身体を密着させて
くる。
愛理が動くたびに、シャンプーのほのかな香りが美穂の鼓動をより速
めていった。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/02/14 01:52  友達遊戯2


帰りのホームルームが終わったのだろう、廊下から生徒たちの声が聞
こえ、校庭のほうも部活をする生徒たちの声で賑やかになってきた。
「そう言えば、今日ってお兄さんと会う日じゃなかった? 私はもう
大丈夫だから……」
美穂はベッドから身体を起すと、慌てて愛理に問いかけた。
愛理の兄・聡のことは、愛理の話によく出てくるので、会ったことは
ないが、愛理がどれだけお兄さんが大事なのかを知っていた。
今は離れて暮らしているので週に1度しか会えないということも……。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。