FC2ブログ

プロフィール

・ichico・

Author:・ichico・
FC2ブログへようこそ!
掲載予定の作品はほぼ成人向けになります。
18歳未満の方は、ご遠慮ください。
このブログに掲載されているテキストの著作権は管理人・ichiko・が有しています。無断転載禁止デス。
コメントに感想など残していただけると嬉しいです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

おすすめサイト

おすすめ商品!

管理人の一押し
「紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)」の詳細を見る
紅椿 首輪「太」持ち手付 (赤)
■紅椿シリーズ ■持ち手付首輪 ■ケースサイズ 170x60x170mm
チェーンの持ち手を付けた幅広の首輪です。
本革製で重量感があり、首輪だけでも雰囲気が盛り上がるこの商品に、手持ちを付けてさらに楽しみの幅を広げました。
ご主人様にあなたの絶対の服従をアピールすれば、いつも以上に本能的な時間を過ごせます。
価格:¥6,300¥2,835
管理人の一押し
「ヴァーリアベビードールセット」の詳細を見る
ヴァーリアベビードールセット
■サイズ B78〜88:W58〜70:H87〜95cm ■カラー ピンク/黒 ■セット内容 ベビードール・ショーツ(Tバック)
ふんわりとしたAライン風のランジェリー「ヴァーリアベビードールセット」。
淡い桜色を基調としたランジェリーで、小さめの黒レース素材のフリルを胸元と裾にあしらった、可愛らしく上品な一着です。
価格:¥3,465¥2,599

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

相互リンク

お小遣い稼ぎに♪

投票お願いします♪

質問 読んでみたい小説のジャンルは?
羞恥系SM
レズ
純愛
メール調教
女子校生
OL
メイドさん
ロリっ娘

コメント



- アクセス解析 -

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/19 01:56  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~21


「初めての浣腸で感じるなんて……本当に変態アナルマゾだな」
聡は再び愛理の後ろに回ると、今度はイチジク浣腸を立て続けに2つ
尻穴に注ぎ込んだ。
「ひゃうっ!! はぁんっ……またお尻に入ってきちゃうぅ~~」
「どう? 浣腸されるの気持ちいいだろ?」
聡の問いに、愛理はもう言葉にならないのか首を激しく縦に振って答
える。
先ほどより浣腸液が濃いせいか、すぐに効き目が現れのだろう、愛理
は苦しそうに表情を歪めた。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/01/18 02:04  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~20


愛理はぎこちない仕草で上半身を起した。少し動くだけで脂汗がじっ
とりと首筋に垂れてくる。しゃがんだまま脚をがに股気味に開き、本
当の犬のように両手を胸につけるとチンチンのポーズをしてみせた。
「いやぁ……こんな格好……恥ずかしいよぉ」
「すごく可愛いよ。浣腸液でぽっこりしたお腹がはっきり見える……。
オマンコもいやらしい液でヌルヌルだ」

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/01/16 16:58  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~19


「トイレに行くまでに漏らしちゃいけないからね……」
少しでも息んだら排泄してしまいそうで、四つん這いのまま動けずに
いる愛理の尻穴にローションをたっぷり塗ったアナルストッパーを差
し込んだ。
「あっ!! んんっ……いやぁ、入ってくるぅ……」
先ほど舌先で愛撫され柔らかなくなった尻穴は、ローションのぬめり
も手伝って先端を飲み込むと、スルリと全部埋まっていく。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/01/15 02:43  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~18


愛理は四つん這いの姿勢に戻ったまま、その淫具から目が離せないで
した。
聡の手にあるのは浣腸器だった。
「お兄ちゃん……それ……?」
「これで愛理のお尻に浣腸して、汚いモノを出すんだよ。そうすれば、
愛理も気にしないでお尻で気持ちよくなれるよ」
「やっ……!! そんなの怖いよぉ……」
浣腸という行為がどれほど恥ずかしいものなか、経験はなくとも理解
できる。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2007/01/07 03:41  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~17



愛理はテーブルの上に四つん這いになると、お尻を高く付き上げた。
肉付きのよい太腿の間から覗く股間には、すでに薄っすらと愛液が滲
んでいる。
愛理のお尻の前にしゃがんだ聡が、そのシミを指摘すると、愛理は切
ない声を上げて背中を仰け反らせる。
「すごいなぁ……。ちょっと弄っただけでグチョグチョだよ。せっか
く買ったパンツが愛液まみれだ」
「ごめんなさい……。でも、お兄ちゃんに見られるだけで、すごい気
持ちよくなっちゃうだもん……」
「ホントにいやらしいマゾペットだな」

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/12/11 02:28  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~16


「着替え、ここに置いておくからなー」
洗面所の方から聡の声が聞こえる。愛理はシャワーを浴びながら「あ
りがとー」と言うと、ボディーシャンプーを泡立てたタオルで身体を
洗い始めた。
(ここに……お兄ちゃんのオチ○チンが……。)
泡だらけになった身体に指を滑らせ、恐る恐る秘部に触れる。
「ふ、ふぁんっ!!」
先ほどの淫猥な行為の余韻が残っているせいか、これから行われる調
教への期待なのか、不思議な快感に、愛理は思わず声を漏らした。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/11/22 01:30  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~15


(あれ……? 私、眠っちゃった……?)
目を覚ますと、いつもの見慣れた自分の天井があった。薄ぼんやりし
た意識で起き上がると、パジャマを身に着けていることに気付いた。
気を失っている愛理の身体を、聡が汗をふいて、パジャマに着替えさ
せて部屋に運んでくれたのだ。
(首輪もはずされてる……。)
首筋に手をあてながら、愛理は先ほどまでの兄との淫猥な行為を思い
出していた。
(私……お兄ちゃんと……。)
嬉しさと恥ずかしさで、また身体が熱くなってしまうのを感じていた。
立ち上がって部屋を出ると、下腹部に違和感を覚える。その感覚で、
愛理は処女を失った痛みと快感を実感していた。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/11/05 01:38  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~14


愛理の秘部は初めて肉棒を受け入れる緊張と不安で時折、肉棒を外へ
押し出そうとするが、その都度、聡は愛理の腰を強く抑え肉壁に分け
入っていく。
「んんっ!! くぅん……お兄ちゃん……痛いよぉ……」
今まで味わったことのない痛みに耐えながら、愛理はシーツをギュッ
と握りしめた。
(あぁん……お兄ちゃんのおち○ちんが、私の中に入ってるんだぁ。
苦しいけど……なんだか切なくて、もっともっと入れてほしくなっち
ゃう)

聡はそんな愛理の涙まじりの淫声とシーツを握り締め苦痛と快楽の狭
間で悶える様子を楽しんでいた。本来なら、手足を拘束して肉棒を押
し込めるはずだったが、痛みに耐え、必死にシーツを掴む仕草は、拘
束して弄ぶ以上に卑猥で愛おしかった。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/10/09 03:15  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~13


「あ、あん!! お兄ちゃん……もぉ……感じ過ぎちゃって、ダメだ
よぉ……」
聡の前で秘部を弄りながら、愛理は遠慮することなく大きな声で喘い
でいる。
先ほどイキそびれてしまったクリ○リスは、まっ赤に充血してぷっく
りと膨らんでいた。
「すごいな……。愛理のおま○こ、どんどんお汁が出てくるよ。お仕
置きの続きだからね……勝手にイッちゃダメだよ」
聡は沸き上がる欲望を抑えつつ、冷静な声で愛理を追い詰めていく。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

2006/09/25 01:14  BabyDoll~私はお義兄ちゃんの…~12


愛理に気づかれないよう、聡は一段一段階段をゆっくりあがっていく。
家に誰もいない安心感からなのだろう、部屋に近づくごとに愛理の甘
く乱れた声がより鮮明に聞こえてくる。

愛理は腰を浮かせ、見せつけるようにしながら自慰行為に耽っていた。
「あん、うくぅ……。もう、イキそうだよぉ……。お兄ちゃんの部屋
……愛理のエッチな匂いでいっぱいになっちゃう……」
(あぁ……ダメ!! 本当におかしくなっちゃう……!!)
絶頂の寸前まで昇りつめようとしたその瞬間『カチャリ』と、耳を疑
うような音が愛理の耳に飛び込んで来た。

Read More »

テーマ : えろす小説 - ジャンル : 小説・文学

| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。